TOP > テキスト

[記事一覧]


◆◆ TEXT ◆◆

◆ 2018/06/18
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば私服。
        
        
        
        制服とはまた違った風情で。
        なんだか学校の先生みたいになってしまった気もします。背景が教室じゃないのでセーフです。
        
        私服というと、もうちょっとピチピチギャルみたいな感じにするのが昨今の礼儀なのかなとも思わないでもないですが、
        ピチピチギャルという単語の是非はさておき、この人の場合は大人っぽい雰囲気に落ち着けるべきであろうという判断です。
        なお、大人っぽいと言ってもエロいという意味ではありませんのでご了承ください。
        しかし、迂闊に「大人っぽい」となどと言うと誤解を招いてしまう。このような昨今の風潮には困ったものですね。
        
        そもそもですね、前から申し上げたいと思っていたのですが、
        「大人=エロい」という固定観念に満ちた図式には賛同いたしかねるのですよ。
        大体、大人の言う「エロい」というのは社会文脈的に「エロい」とされていることの事務的な追認にすぎません。
        服の上から下着がスケて見えればエロいんですか?
        椅子に座っている脚の間からパンツが見えればエロいんですか?
        あるいはおっぱい丸出しならエロいんですか? なんと陳腐な。創造性のカケラもありません。
        いいですか? そんなものはですね、エロさのカタログに過ぎないんですよ。
        血の通わぬ硬直したエロさの標本を陳列しているに過ぎないんですよ。
        死んだエロさです。生のヨロコビとは正反対。
        
        では真のエロさとは何であるか?
        よろしい。申し上げましょう。
        
        真にエロいのは子供です。
        なぜか? 好奇心があるからです。
        それが「エロい」ことであるなどいう知識もなく、ただ純粋な好奇心で突っ走る。そこがエロい。

        「ねぇ、たかしくんのここってどうなってるの?」
        「じゃあ、かおりちゃんのもみせて」
        「うん、いいよ」
        
        どうですかこのエロさ!
        未知のものに対する輝きに満ちた冒険心。
        世界に対する曇りなきリスペクト。
        これぞ生のヨロコビというものです。これこそがエロスというものです。
        
        もう一度言いましょう。
        大人の言う「エロさ」の如きものは芝居がかった偽物の「エロさ」に過ぎません。
        真にエロいのは子供です。
        いいですか? 子供こそがエロいんです。子供こそがエロいんです!!
        
        
        と、以上に述べたことを公衆の面前で声を大にして熱弁すると
        確実に警察を呼ばれるのでぜひお試しくださいね。
        私はヤリませんけどね。(あっ、逃げた! 皆さんご覧ください! これがズルイ大人です!)
        
        
        さて、私服と言いますか、コミPo!的にはビジネススーツシリーズに入っているのですが、
        例によって体型がズレてしまうので、
        
        
        
        ブレザーのときと同じレシピでGIMPの出番です。
        
        
        
        
        ところで、こうして見てみると、このレシピの図もなかなかエロいですね。
        たとえば左から2番目。はい、その気持ちはよくわかります。
        そしてまた、左から3番目もなかなか味わい深いものがあります。
        わかりやすいのはスカートです。服のシワを表す陰影に目を凝らしてみましょう。
        内側に包み込まれた肉体の質感が手に取るように伝わってくるではありませんか。ドキドキ。
        コミPo!め、おぬしもワルよのう。
        
        しかしいずれにせよ、拡大して見ればドットの集合に過ぎません。すなわち五蘊皆空。
        ただのドットの集合に過ぎないものが、しかし、特定の形に並ぶことでエロさを醸し出す。すなわち空即是エロ。
        まさに宇宙の神秘。
        そうです。大事なのは宇宙の神秘に対するリスペクトを忘れないことです。
        宇宙の神秘に対するリスペクトを持って見れば、身の回りのあらゆるものがエロく見える。ドキドキが止まらない。
        職務質問のおまわりさんさえもエロく見える。すなわち一切皆エロ。この境地に達すれば怖いものなし。
        まんじゅうだって怖くない。でもやっぱりお金は怖いのでお金ください。
        念のために言っておきますが、お金がおっかねーなどと言うつもりは少しだけしかありません。
        そのようないかがわしいつもりは少しだけしかありませんが、
        しかしあなたの幸せを願う気持ちはたっぷりあります。
        なんとかいつものところに着地できたみたいです。ああよかった。
        
        今日もあなたがエロくありますように。
        あ。
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        
        
        

◆ 2018/06/10
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば息止め。
        
        
        
        というわけでいつものようにパーツを寄せ集めてブレザーにお着替え。
        もはや手慣れたもの。非の打ち所が1ドットもありません。
        
        
        
        こうして縮小して載せてみると一層キレイに見えるマジック。
        いわゆるアレでしょうか、高いところから街の景色を眺めるとキレイに見えるけど、
        実際に街を歩いてみると、この世のしがらみが心を蝕んで思わずトラックをレンタルして人ゴミに突っ込まざるを得なくなる。
        「キミとはやっとれんわ!」とかなんとか言いながら。もはやハリセンは古い。
        
        高いところからの眺め。
        地上数階程度のビルの屋上でもそこそこキレイな景色になります。
        標高100メートル程度の里山でも美しい街並みが一望できます。
        きっと宇宙から地球を見たら、さぞかしキレイなんでしょうね。
        
        そのキレイであるはずの地球に足をつけて、私たちは日々生活をしている。
        それなのにどうして地上はこんなにも息苦しいのでしょう?
        空気のゆえに私たちは窒息する。
        空気のない宇宙よりも地上の方が息苦しいとはこれ如何に。
        
        ところで「これ如何に」っていっぺんナチュラルに使ってみたかったんですけど、
        今の用法はナチュラルでしたでしょうか?
        幼い頃に憧れた「これ如何に」をエレガントに使いこなす大人に今の私はなれているでしょうか。
        そのような実感はありません。時間だけが流れてしまった。やはりダジャレと一緒に使うべきだったのかもしれません。
        じゃあ、えーっと、えーっと、
        と、ここでキーボードの前で三日三晩悩み抜いたのですが何も思い浮かびません。私は今もあの頃のまま。
        
        ちなみに縮小して載せていると言うか、HTMLのタグでサイズを指定してるだけなので、
        右クリック → 画像だけを表示 のようにするともとの大きさで表示されます。
        言わなくてもおわかりいただけていることと思いますが、あまりジロジロ見てはイケません。
        単独で見るとドットがどっと見えてしまうかもしれませんが、
        本番の画面では背景にいろいろ表示されるので目立たない予定です。
        ドサクサに紛れて韻を踏んでしまいました。気がつけば私もズルイ大人。
        
        
        > こうして縮小して載せてみると一層キレイに見えるマジック。
        
        しかし逆に拡大すればするほどアラが目立って汚く見えるというなら、
        顕微鏡で拡大しまくっていくと醜さが無限に拡大されていくということでしょうか。
        きっと素粒子の世界なんてあまりの醜悪さに目もあてられないに違いありません。そんな話きいたことないですよ。
        すると、そういう醜いものから出来ているのが私たちであるとも言えるわけですね。そんな話きいたことないですよ。
        
        宇宙から見た美しい私たち。素粒子から見た醜悪な私たち。そんな話きいたことないですよ。
        その中間を漂っているのが私たちの日常の有様です。そんな話きいたことないですよ。
        
        
        さて、まだ何着かこの人の服装が残っております。その話なら聞いたことあります。
        いつもながら地球は淡々と回り続けているようですが、この作業も着々と進んでおります。毎度お馴染みですね。
        人類が滅ぶのが先か、私が死ぬのが先か、この作業が完了するのが先か。ハラハラドキドキ。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        これも聞いたことありますよね。
        もう一回言っておこう。
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        
        

◆ 2018/06/03
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えばキャラ3。
        キャラ3に見えますよね? はーい見えまーす。どこからどう見てもキャラ3です。全方位対応型キャラ3。
        何を言っているのかわからなくなってきました。
        
        
        
        そんなわけでメインどころの3人目です。
        いつものようにコミPo!とGIMPのオシャレなコラボで髪型に特徴をつけます。
        オシャレかどうかは知りませんが枕詞ですから、教養にあふれる私としては言わないわけにいきません。たかさごのコラボ。
        
        
        
        ↑
        左端がコミPo!純正。別の髪型からパーツを採取してエクステを作成。
        装着すればジャジャーン、なんかモサモサっとした長髪の先輩に変身です。
        先輩なんですか? モサモサっとした長髪のお姉さんなんですから先輩に決まってます。
        しかもメガネっ子。こうなったら交際を申し込まざるを得ない。これはもはや校則。選択肢などない。いや、ありますけど。
        
        モサモサ具合をどの程度にするかについては悩みどころです。
        素直にコミPo!に任せておけば悩まなくて済むのに、自力に頼ろうとするから悩みが生じる。まさに煩悩。
        そして三日三晩滝に打たれて考え抜いた末、上記のようになりました。ポイントは眉毛が左右とも見えることです。
        表情が作りにくくなるから? いいえ、先輩と言えば眉毛。これだけは譲れない。煩悩の彼岸に真理を見出した。
        本当に大切なものの存在に気づかせていただきました。ありがとうございます。
        後はこだわるとキリがないのでテキトー仏にお任せです。
        ずーっと見てると加減がわからなくなってくるのですが、
        しばらく目を離してから見ると、少々ヤリすぎかなと思うこともあります。特に頭頂部。中に何が入ってるんでしょう。
        しかし少々ヤリすぎかなと思うぐらいで丁度いい。生きるとはそういうことです。
        というわけで今日もご飯に七味唐辛子を大量投入。ドバー。うむ、辛い。生きるとはそういうことです。
        しかし七味と見せかけて麻の実なしの六味なのでした。コンチキショ〜。生きるとはそういうことです。
        
        
        > そして三日三晩滝に打たれて考え抜いた末、
        
        考えるのは自力なのではないか? と、教学に優れたあなたは思うかもしれません。
        しかしそれを言い出すと、行き着く先は人間性の否定です。
        システムや自然法則に従順な何も考えないゾンビばかりの世の中になってしまう。
        ゾンビになることが正しいことでしょうか? そんなことが「御仏の願い」でしょうか?
        もしそうならそんな仏はどうのつるぎで斬り捨ててやりましょう。経験値1ポイントを獲得だぜ。
        
        人間はゾンビではありません。
        人間には自己意識があります。思考能力があります。
        そのことの意味に思いを馳せていただきたい。
        現代とは人間が一人一人別々の個人に分かれ、それぞれに思考するようになった時代です。
        それを否定してゾンビになってしまっては生きている意味がありません。
        
        現代という時代の存在意義について思いを馳せていただきたい。
        全体から分断された個人という自己意識。これは単に否定すべき「天からの堕落」でしょうか?
        知恵の実を食べた人間はもうエデンには帰れない。砂漠をさまよう自己意識。
        あらゆる意味から切りはなされ、何もない宇宙空間に放り出された寄る辺ない自己意識。
        自己意識がある。自己意識があるから苦しい。それでも自己意識がある。
        さてこれからどうしよう? 大事なのはそこです。
        
        どうか目を開けていただきたい。砂漠の砂が目に入る。涙が止まらない。
        それでも目を開けていただきたい。なぜかと言うに自己意識があるからです。
        何が見えるでしょうか? 
        地球が見えるはずです。人間が見えるはずです。
        あなたがいる。私がいる。あの人がいる。その人がいる。
        メガネっ子がいる。モサモサ長髪の先輩がいる。
        こうなったら交際を申し込むしかない。もちろん選択肢があります。
        選び抜け。自己意識で選び抜け。生きるとはそういうことです。
        
        この選択は誰かを不幸にしてしまうかもしれない。
        その選択をしたのは誰か? 私だ。なぜかと言うに自己意識があるからです。生きるとはそういうことです。
        すべてを見通すことはできません。なぜかと言うに全体から切り離された個人だからです。
        
        神ではない。仏ではない。人間だ。そして自己意識がある。
        不幸を招いてしまう可能性を知りつつ、それでも自己意識で選び抜け。あやまちをその身に引き受ける。生きるとはそういうことです。
        今日も涙が止まらない。
        実は麻の実なしの六味しか入ってないと知りつつ七味と称する六味唐辛子を引き受ける。生きるとはそういうことです。
        今日も涙が止まらない。
        あ、別に唐辛子を目に入れてるわけじゃないですよ? さすがにそこまでは。あくまでも経口摂取。生きるとはそういうことです。
        しかしその発想はありませんでした。
        物質の摂取方法としては経口以外にも注射とかスニッフィングとかいろいろありますよね。
        固定概念にとらわれない。唐辛子を目にだって入れてみる。生きるとはそういうことです。
        というわけで、これをアップロードしたら後でやってみます。やってみません。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        
        
        
        
◆ 2018/05/24
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えばぬいぐるみ。
        
        
        
        猫です。猫に見えますよね? はーい見えまーす。
        耳が尖っていて瞳孔が縦長でヒゲが生えていれば誰がどう見ても猫に決まってます。
        平日の昼間に私服で住宅街を出歩いていれば誰がどう見ても変質者に決まってます。
        
        コミPo!に入っていた素材の元の状態は↓の左です。
        
        
        落書きし甲斐のある顔で助かりました。探せばきっと歴史の教科書にも掲載されている名のあるクマに違いありません。
        ちなみに何気なくクマと言いましたが本当にクマなのでしょうか?
        耳が丸いのでネズミなのかもしれませんが、ネズミには見えませんからクマなんじゃないですか?
        ちなみに何気なく変質者と言いましたが本当に変質者なのでしょうか?
        学生向けマンションが立ち並ぶエリアなので学生かもしれませんが、学生には見えませんから変質者なんじゃないですか?
        
        ところでクマのままではマズかったのでしょうか?
        どうしてもネコに整形しなければならなかったのでしょうか?
        本文の中で「ニャー」と発声しておりますので、後に引けなくなってしまいました。
        猫とは明記されてなかったはずですが「ニャー」と言っていたのだから猫に決まってます。
        カバンを持ったままスーパーに入ってきたのだから万引きするつもりに決まってます。
        大体何でカバンを持ったまま入ってきたんですか? そんなもの車の中に置いてくればいいじゃないですか。
        え? 車を持ってない? イマドキそんなやつは変質者に決まってます。やかましいわ。ニャー!
        
        さて、そんなわけでさりげなく夏服です。
        
        
        冬服と同じ理由で一枚多めに羽織りたいということになっているのですが、
        使い回すのは暑苦しいので簡素なスカーフっぽい何かにしてみました。
        スカーフっぽい何かに見えますよね? はーい、スカーフっぽい何かに見えまーす。うむ。
        
        結び目の部分が適当ながら、今回もまた色の濃いテクスチャのおかげでごまかせていることでしょう。
        やはり色の黒いは七難隠すというやつですね。
        七難というのが具体的に何を指すのかは不明ですが、七味唐辛子と称して麻の実なしの六味唐辛子が平然と売られている世の中です。
        数字さえもアテにできない。今はそういう時代です。
        
        たとえば日付だって数字ですが、数字だからと言って信用してはいけません。
        メディアの情報によると今は? 2018年? そんなアホな。やはりメディアの情報を鵜呑みにしてはイケませんね。
        
        大体、2000年になったあたりから何か怪しいと思ってました。
        いいですか? 年号の上2ケタってのはずーっと「19」だったんですよ。
        それを何か、1999の次だからとか何だとか、数字と表面的な理屈を持ち出せば一般大衆をごまかせると思ってるんでしょう?
        その手にはノリません。
        
        実際には今は大体1990年代の後半ぐらいなんじゃないですか? それぐらいがちょうどいいハズ。
        それをあろうことか2018年だなんて。いくらなんでもオカシイ。冷静に考えればそんなことはあり得ないとわかるハズ。
        騙されてはイケません。
        
        人は周囲の他人の言うことに影響されてしまう生き物です。
        ネットで世界の情報を調べると、まるで口裏を合わせているかのように、どこを見ても2018年と書かれています。
        まさに人間の性質を熟知した上でテクノロジーを駆使した悪質な陰謀。
        流されてはイケません。
        
        とかなんとか言いつつ、このテキストのページにも何気なく日付を2018と書いてしまっております。
        それを見た純真なあなたは「そっかー、やっぱり今は2018年なんだね!」と思い込んでしまうかもしれない。
        無意識とは言え、私自身が悪の陰謀に加担してしまっていたというわけです。
        自分だけはイノセントなつもり。協調性という名の無自覚な悪。
        この世に身を置く限り、常に自己自身が悪であることを免れ得ない。生きるとはそういうことです。
        大事なのは目を開けていることです。かと言ってドライアイになってはいけない。
        常に目を開けつつ吹きすさぶ風とホコリを受け止めて涙を流す。生きるとはそういうことです。
        
        さて、これにてこの緑髪の眼鏡っ子氏の立ち絵は完了です。
        あと2キャラ分!
        今日も涙が止まらない。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        
        
        

◆ 2018/05/20
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば男装のタキシード。
        
        
        
        作り置き済みのブレザーの色違いなので楽勝です。
        並べてみればスライムベスですが、並べずにタキシードと言い張ればタキシードです。タキシードに見えますよね? 見えましょう。
        適当に色変換したら服のシワが濃すぎるかな? とも思いましたが、
        タキシードらしい黒光りした感じで縁起が良いのではないでしょうか。
        「タキシードらしい黒光り」ってのが何のことかはよくわかりませんが、
        この世にはよくわからないことがたくさんありますので、この程度でうろたえてはいけません。
        
        
        
        ちなみに男性用の服ということなので服の前面のボタンのつき方の左右を逆にしてあるのですよ。
        いつもながら隙がない。隙はないですが私はあなたが大好きです。やったね!
        万が一伝わらない人がいるといけませんので解説しておくと、「隙」と「好き」をかけた韻律です。
        これで私がいかにあなたを好きであるかが確実に伝わったことと思います。やったね!
        
        ところでスライムで思い出したのですが、
        カタカナでスライムって書くとスラ仏なのですよね。
        序盤に出てくる最弱の敵キャラが実は仏だった。仏に会うては仏を斬る。どうのつるぎで。
        知らぬこととは言え、さんざん修羅道を歩んで来てしまっていたというわけです。
        ハーゴンさんのことを邪教とか言えた義理じゃありませんね。
        あるいは最弱と見せかけて、あれは大いなる慈悲だったのかもしれません。おそるべし。
        
        さて、ゲームと言えばどういうわけか必ず何らかの形で争いや攻撃が含まれます。
        そういうことが「楽しいこと」なのだと私たちは教育されてきた。まさに地獄です。
        地獄とは場所のことではなく心の状態のことです。
        せっかくクリアして平和になったはずなのに、すぐにまた次の争いを求め始める。
        「暇つぶしに」と称し、何かを攻撃することに明け暮れる。
        他にすることが思い浮かんでこない。
        そういうことが「自分のしたいこと」なのだと思い込んでいる。まさに無間地獄です。
        しかしこの度、地獄にも仏がいらっしゃるということが明かされました。まさに地獄に仏です。
        ちなみに無限地獄じゃなくて無間地獄です。パソコンの漢字変換機能のおかげで過ちを犯さずに済んでおります。やはりAnthyは素晴らしい。
        
        > ハーゴンさんのことを邪教とか言えた義理じゃありませんね。
        
        現役時代には深く考えませんでしたが、ドラクエ2って宗教戦争なんですよね。
        RPGのステレオタイプとして「勇者と魔王」というのがありますが、
        ドラクエ2に魔王は出てこない。ハーゴンさんは「神官」でシドーさんは「邪神」なのですね。
        ローレシア城の地下牢には悪魔神官が捕まってる。普段から「邪教徒狩り」が行なわれていたことを窺わせます。
        
        で、ラスボスを倒した後って街の人々のセリフがグラフィックごとに固定になるじゃないですか。
        悪魔神官ってグラフィックが神父ですから、もしかしたら街の神父と同じセリフになってたりして?
        と思ってラスボスを倒してローレシアに戻って、王様に話しかける前に地下に行こうとしてみたんですけど、
        地下に行こうにも画面が切り替わらなくなってました。隙がないですね。あっ、でも私はあなたが好きです。
        念のために解説しておくと今のは(以下略)。
        
        > そういうことが「自分のしたいこと」なのだと思い込んでいる。まさに無間地獄です。
        
        ドラクエの何がいいかと言えば、ずばり「天気がいいこと」です。
        緑の草原。青い海。赤茶けた山脈。白く泡立つ波打ち際。全てが色鮮やか。そこがいい。
        本当は戦いたくなんてないんです。
        というわけで最近は春になって天気もいいことですし、電源を切って外を散歩する。
        青い空。乾いた道路。
        足元ではアスファルトの隙間からはち切れんばかりに草が飛び出して花を咲かせている。頭上には木の葉が揺れる。
        普段は視線を止めないようなところからいくつもの草花が顔を出しています。
        歩きながらあっちこっちに視線をさまよわせる。
        ハタから見ると不審人物のように見えるかもしれませんが、いくら見ていても飽きません。
        どこかに大麻でも自生してないかなと思いながら視線をさまよわせる。
        ハタから見ると不審人物のように見えるかもしれませんが、否定はしにくいところです。
        そういえば少し前にポケモンのスマートフォンの野外ゲームが流行りましたね。
        スマートフォンを構えていれば「レアポケモンを探してるんだな」と思ってもらえるかもしれません。当たらずとも遠からずだぜ。
        ナイスアイディア。と思ったのですが私はスマートフォンを持っていないのでした。ギャフン。
        
        そんなわけで私は所持していないので基本的なことがわかってないんですけども、
        スマートフォンってスマートフォンって言うべきなんでしょうか? それともスマートホンって言うべきなんでしょうか?
        「フォン」を選ぶか「ホン」を選ぶか? どちらも選ばないということは許されません。意図して片方を選び抜け。生きるとはそういうことです。
        しかし「フォン」と「ホン」に互換性があるということは、
        選択次第では「本屋」は「フォンや」になってしまうということです。
        そのような世界をあなたは望むのか? 問題はそこです。
        「あほんだら」は「あふぉんだら」になってしまうということです。
        そのような世界を私は望むのか? 問題はそこです。
        恐るべき分岐点。
        どちらを選んでも別な面から見れば間違うことになるでしょう。
        正解することなどできません。正解しようなどという願望はすなわち「正解して逃げ切ろう」というさもしい逃避に他なりません。
        選ぶとは間違いを引き受けるということです。生きるとはそういうことです。
        どのように生きても自己自身が悪であることを免れ得ない。生きるとはそういうことです。
        意図して間違いを選び取り、意志を持って情熱的に進む。生きるとはそういうことです。
        本屋を「ふぉんや」と発音するあふぉんだらとしての人生を情熱的に選び取る。生きるとはそういうことです。
        
        ところで大麻と言えば、少しネットで調べた範囲では、そんなに悪いものではないみたいですね。
        むしろいろいろと役に立つものであるらしい。
        目の敵にして規制する方がどうかしてるのではないか? 最近はそう思うようになりました。
        でも喫煙ってのがイヤだなぁ。煙をまき散らさないで欲しい。
        体にいいか悪いかというのはどうでもいいんです。煙をまき散らさないで欲しい。
        仮に今「合法化に賛成か否か?」と聞かれたら「賛成」を選びます。情熱的に選びます。しかし煙をまき散らさないで欲しい。
        他人を巻き込むのはよくない。この点は譲れません。情熱的に譲りません。
        
        > そんなわけで私は所持していないので基本的なことがわかってないんですけども、
        
        さきほど申し上げた「所持」というのはスマ某だけではなく大麻も所持しておりません。
        先日、業務スーパーで七味唐辛子のでかい袋を買ったのですが麻の実が入ってないやつでした。このやろ〜。六味め!
        つまり所持できていないというわけです。つまりって何だ。
        ていうかスマ某って何だ。情熱的にどちらかを選べ。このやろ〜。
        
        さて、大麻の種は入ってませんでしたがお話の種は尽きません。
        しかし人生は有限ですので、今日のところはこのあたりでキーボードから手を離そうと思います。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        
        
        
◆ 2018/05/16
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えばコマンド発動。
        
        
        
        そんなわけで、またまたウェアラブルデバイスです。
        ウェアラブルデバイスに見えますよね? はーい見えまーす。うむ。空だって飛べますよね? はーい飛べまーす。うむ。
        
        絵が描けないはずなのにそこそこなんとかなってしまう。いつもながら驚きを禁じ得ません。
        驚きを禁じ得ないので「驚くの禁止!」と言われたって驚くのであります。ビクッ!
        下手にアンチエイリアスをかけると余計に汚くなるので縁取りはギザギザのまま突貫するのがコツ。
        え? 下手にじゃなくて上手くアンチエイリアスをかければいいんじゃないかって? ビクッ!
        
        
        さて、いつものように手元のアニメから参考というか真似できそうなのを探すのですが、
        すでに使い尽くしていてドンピシャなのが見つからない。
        耳あての部分はコレ、ゴーグル部分はコレ……、と物色していたら妙に複雑な構造になってしまいました。
        実際のところどういう作りになっているのかはよくわかりません。
        しかし重要なのはメガネをかけたまま装着できるようになっていることです。そこさえクリアしていれば後は怖い物なし。
        まんじゅうだって怖くない。でもお金は怖いのでお金ください。
        
        
        ちなみにコミPo!に「コマンド発動ポーズ」というものは入っていないので
        「指し示す1」を元にして、得意のGIMPスキルに物を言わせてぐりぐりしております。
        
        
        
        肩の関節部分が雑ですが、色の濃いお洋服のおかげで自然な見た目に。
        色の黒いは七難隠すってやつですね。ガングロか。

        ちなみに実際に上の画像のポーズのように腕を伸ばして手首を垂直に立てるのって難しくないですか?
        指先がツリそうになります。
        コマンドを発動するのも決して楽ではないということですね。
        
        あともう少しこの緑髪の人の服装が残っております。
        一方、世相は刻一刻と悪化の一途を辿っております。
        今にも何か恐ろしいことが起きる。そんな気配が満ち満ちております。
        21世紀もすでに初頭というには時間が経ちすぎております。
        伝えたいことはたくさんありますが、今私にできるのはこの作業を進めることだけです。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        
        

◆ 2018/05/07
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば緑髪の眼鏡っ子。
        
        
        
        あんまり特徴のある髪型ではありませんが、加工に加工を重ねております。
        
        

        左がコミPo!純正。後ろ髪をカットして前髪を盛り付け。
        ジロジロ見ると線が雑であることに気づいてしまうのでジロジロ見てはいけません。
        ちなみに眼鏡のフレームの上半分を消しているのも注目だ。
        ジロジロ見ないで欲しいと言いつつ注目して欲しい。フクザツなお年頃です。
        
        ブレザーはすでに作成済みなので使い回して楽勝だぜヒャッハー、
        と、窓を開けて叫ぶ予定だったのですが、なんでこの人だけ制服が違うんでしょうね。
        諸事情で一枚多く羽織りたいと本文に書いてあるので仕方がありません。本文め!
        
        
        以前作ったものが既にあったのですが(右の旧)、今あらためて見ると、なんというか、
        大きめのハンカチを無理やり肩に巻いてるような窮屈な感じがしたので新調しました。
        というか、たったこれだけなのに前回同様メチャクチャ苦労しました。
        非メインどころのキャラを完了させてGIMPスキルがアップしたぜ! と思っていたような気がするのですが、気のせいだったようです。
        参考にしたものはいろいろあるのですけど、参考にすればするほど、絵を描ける人ってすごいなぁと感動せざるを得ません。
        頑張ってもどうにもならないので、濃い色のテクスチャと大きなリボンで誤魔化しております。
        絵として大体何が描いてあるかは一応わかりますよね? わかりましょう。
        リボンは後ろ髪用の「リボンテール」から抽出して流用。
        その勇ましい大きさに目が眩みそうですが、線が下手なのを誤魔化さねばならないので仕方がありません。まさに目眩まし。
        
        これで本当に最善なのかどうかはよくわかりません。
        もっとさりげないスカーフみたいなものの方がいいかな?
        制服自体が一人だけ違うみたいになってしまうのは果たしてどうなのか、ということです。
        胸部のふくらみが隠れてしまうのも残念ですね。上の画像の右上の「旧」が「一日」みたいに見えてしまうのも残念ですね。
        どうか皆様の逞しいイマジネーションで補っていただけますよう宜しくお願い申し上げます。
        何かうまいデザインがあるとよいのですけど。
        しかし人生は有限です。あまり足踏みしていては命がいくつあっても足りないので、
        思いついたらまた差し替える覚悟で突っ走ることとします。
        
        さて、そういうわけでついにメインどころに突入です。
        この緑髪の人を含めてあと3名。こういうときはビックリマークをつけるべきでしょうか。
        この緑髪の人を含めてあと3名! ヒャッハー! 叫ばなくてもいいんじゃないですか? どうでしょう。
        
        非メインどころを先に終わらせてコミPo!やGIMPのスキルを強化した上でメインどころに着手、
        というのが当初の予定でしたが、あんまりうまくなってないことが早速露呈しております。
        そもそもうまく描こうとしても無理な話。
        グラフィックに関しては一通り「埋まっている」ことが大事、という初心を思い出して突っ走って参る所存でございます。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        

◆ 2018/05/02
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えばお目々うるうる。
        
        
        
        元はこうです。目に理性があります。
        今なら会話が成り立つでしょう。伝えたいことがあるなら今のうちだ。
        ↓
        
        
        ふと思ったのですが、もしかして「うるうる」って死語でしょうか? あんまり聞かない気がします。
        最近の若い人はうるうるしないのでしょうか? ドライアイなのでしょうか?
        
        みなさまのご健康を祈願しつつ毎度お馴染みGIMPの出番。
        筆の形状を「やや縦長の楕円」「やや大きめ」「色は白」として、目に光を追加します。
        ↓
        
        
        元々入ってるハイライトの上に追加していくとバランスが崩れなくていい感じ。
        
        
        たったこれだけで雰囲気がガラリと変化しますね。
        この目つき。もはや意識がトンでいることは明白です。もはや何を話しかけても「ヒャッハー」としか返ってこない。
        こんなお手軽にトベるなら私も筆に白い塗料をつけて自分の目にぐりぐりしてみようかな。
        もちろんあなたの目にもぐりぐりしてあげますからご安心くださいね。もう寂しいなんて言わせない。
        
        というわけでさりげなく特殊なコスチュームです。
        色違いの使い回しなので楽勝、と見せかけて身長差があるので結局微妙にイバラ道でした。ちくちく。
        
        
        
        前回は特殊なコスチュームを着る人の分は終了と言ったような気がしますが、舌の根が乾かぬうちにこの結果。
        つまり矛盾した言動を口にするには舌の根が乾いている必要があるということです。ドライマウスである必要があるということです。
        ドライマウスだと言い張れば矛盾した言動もまかりとおってしまう。そんな世相。
        しかし人生に矛盾はつきもの。完全に首尾一貫した人生などありえません。では誰もがドライマウスになるしかないのでしょうか?
        いいえ、諦めてはいけません。
        唾液で湿った口でありながら、いかにして矛盾を自己自身で引き受けるか。重要なのはそこです。
        昨日は好きと言いましたが今日はもっと好きと言う。重要なのはそこです。
        もちろんお目々うるうるで言います。重要なのはそこです。
        
        ところで「うるうる」という言葉を聞かなくなったという話をしましたが、
        その一方、「ドライアイ」という言葉は一昔前はなかった言葉のような気がします。
        うるうるの時代からドライアイの時代へ。
        私たちの世の中で何かが変化してしまった。
        
        今が時代の分岐点なのでしょうか? 
        しかし時代の分岐点というような言葉さえ、すでに古くささを感じさせます。
        もはや後戻りはできないところまで来てしまっているのかもしれません。
        顔を上げれば絶望ばかりが募ってしまいます。
        
        だからこそ、根本を見失わないようにしたい。
        とてもシンプルなこと。
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        

◆ 2018/04/22
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えばファーストフード店。
        
        
        
        店員です。
        店員に見えますよね? はーい見えまーす。
        背景がファーストフード店で、学校指定にしては若干派手目な制服を着てれば誰がどう見ても店員以外にありえません。
        スマイルください。ロマンチックください。ギャルのパンティください。
        最後のは何か別の種類の店になってますね。
        え? 別の種類って何の店かって? もちろんレディース・インナーウェア売り場に決まってるじゃないですかぁ。
        一体何を想像してたんですか? あたしわかんなーい。あはは。あはは。
        
        ちなみに今回のこれは珍しくコミPo!純正です。無加工です。
        もちろんコミPo!にファーストフード店の制服なんて入ってないし、どうしようかな死のうかなと思っていたのですが、
        夏制服の中に、学校指定にしては派手目なのがいくつか入っているのを見て、
        じゃあそれをちょっと加工して……と見せかけて加工せずにそのままでもいいんじゃない?
        学校指定には見えないし、あとはいつものように言い張った者勝ちコースだぜヒャッハー! というわけでこうなりました。
        名札ぐらい描き加えればよかったかな? もうどうでもいいや。どうでもいいのかよ。
        
        それにしても無加工というのは楽ちんですね。あまりの楽ちんぶりに死ぬかと思いました。なぜ死んでないのか不思議でなりません。
        というかほぼ毎回何らかの加工が必要ということの方がむしろ当初の想定から外れているのではありませんか?
        言われてみればそんな気もしてきました。
        しかし特殊なコスチュームを着る人の分はすでに大体終わってるので、
        後は無加工とはいかないまでも、楽ができる予定です。本当ですか? どうでしょう。
        
        ちなみに今回こうして結局無加工なわけですが、
        作業にあたりましてはファーストフード店の制服ってどんな感じかな、とネットで画像を検索したりはしました。
        その上で出来るだけファーストフード店っぽい制服を選ぼうとはしたわけですが、
        結局どういうのがファーストフード店っぽい制服なのかは不明です。
        そもそも私はファーストフード店に入ったことがほとんどないのでした。そんな私にファーストフード店の制服のセンスを期待していはいけません。
        コンビニなら公共料金の支払いで月に何度か行くので、かろうじて制服を見る機会があるのですけどね。
        私の人生の中でファーストフード店のような高級料理店に足を踏み入れることはほぼありえません。
        しかもファーストフード店って注文時のシステム上、食い逃げできないですよね。もちろん万引きも不可能。
        できることと言えばトレーをこっそり持ち出すことぐらいです。かつては怪盗と呼ばれた私も商売上がったりです。
        昨今は世間を騒がせる怪盗というものをめっきりみかけなくなりましたが、
        それにはファーストフード店の台頭が関係しているのかもしれませんね。時代は移り変わる。
        何を言っているのかよくわからなくなってきました。
        最近見かけないと言えば、むしろ怪盗じゃなくて怪人なんじゃないですか? そうだ。多分そっちだ。
        一頃は怪人が頻繁に世間を騒がせていたものですが、近頃はめっきりナリを潜めているようです。
        なぜか?
        呼び方が変わったからです。
        怪人とはその字義によると怪しい人という意味です。
        そういう場合、最近は何というのでしたっけ? 不審者です。イヤな言葉ですね。
        不審者20面相。ショッカーの不審者。これでは華がありません。情緒のない時代になってしまったと言わざるを得ません。
        そのうち怪獣だって不審獣になってしまうでしょう。怪物くんだって不審人物くんです。
        悪に華のない時代は生きにくい時代です。
        世の中全体が平坦な秩序で隙間なく覆われ、息ができない。
        華のあった悪は去り、住民はみな秩序の管理者の冷徹な監視下におかれる。
        秩序が人間に牙を剥く。正しさが人を殺す。
        
        さて、ここで意識していただきたいのは次のことです。
        一方に「華のある悪」という極がある。
        一方に「冷徹な秩序の管理」という極がある。
        その間に「一般常識」というものが宙吊りになっている。
        
        素朴な意味では「悪」の反対は「正義」または「善」ですが、
        上記の図における「冷徹な秩序の管理者」をその意味で単純に「正義」や「善」と呼んでは間違いを犯すことになります。
        「華のある悪」は秩序の破壊という意味で悪ですが、
        「冷徹な秩序の管理」も人間性の抑圧という意味で悪です。
        ここを間違えてはいけない。
        そして悪が善の顔をしてのさばることとなる。善が悪として裁かれることとなる。
        情熱のない地獄が口を開け世間を飲み込む。
        
        さて、その間に「一般常識」というものが宙吊りになっている、と言いました。
        これは非常に不安定な状態です。
        左右から悪に引っ張られ、無根拠に空中にぶら下がっている。
        虚無に落ち込む恐怖にかられ、たやすく悪に引き寄せられる。これではいけません。
        自分の意志で立たなければいけない。
        卑屈にもならず傲慢にもならず。
        自分の意志で善に向かって進まなければいけない。
        自分の意志でロマンチックを求めなければならない。自分の意志でギャルのパンティを求めなければならない。
        たくさん集めてご近所さんにおすそ分けしてあげなければならない。
        いや〜、実家からギャルのパンティたくさん送られてきて余っちゃいまして。よかったら少しお願いしますよ。とかなんとか。
        そういうわけで、今度ファーストフード店に行ったら恥ずかしがらずにギャルのパンティをオーダーします。しません。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        
        

◆ 2018/04/15
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば敬礼。
        
        
        
        コミPo!ではポーズは設定済みのポーズの中から選んで微調整することになっております。
        最初は自由度が低いかなとも思いましたが、こういうのって下手に自由に動かせると
        関節が妙な形状に曲がってホラーマンガになってしまいがちですから、このシステムを考えた人はエライと思います。
        
        というわけで敬礼ポーズを探す。敬礼ポーズぐらいあるでしょ? え? ないの? そうですか。
        せっかくエライと思ってあげたのに。コノヤロ〜。私の純情を返せ。

        
        
        ないものは仕方がありません。
        こういうときはどうするか?
        有力な選択肢は自殺です。
        次善手はレンタカー店でトラックをレンタルして歩行者天国に突貫です。
        しかし知っての通り私はみなさんを愛していますから、まだ死ぬわけにいきません。
        トラックで突貫しようにも免許がないので諦めざるを得ません。
        仕方がないので似たようなポーズを探してGIMPで頑張ります。
        
        
        
        「上半身のしぐさ>遠くを見る」が敬礼っぽいのではないでしょうか。
        
        ↓左がデフォルトです。
        このままでも敬礼と言い張ればまかり通る気がしなくもないですね。
        しかしそれではせっかく起動したGIMPの収まりがつかないというもの。
        血に飢えたGIMPを鎮めるため、もうちょっと欲張ることにします。

        
        ↑
        (中央)腕の部分を抽出しやすいように「首上下」で頭をよけてもらいます(首はコミPo!内で動かせる)。
        (右端)あとはもうGIMPの世界。腕をコピペして気合で切ったり張ったり回転させたりして形を整えます。
        ここまでするなら最初から自力で描いてもよかったのではないかとは決して思わずに突っ走るのがコツです。
        
        
        通常の立ちポーズに敬礼の腕をコピペして元の腕を消したりアレしたりコレしたりして完成。
        はいっ、敬礼であります。いつも催眠術にご協力いただきありがとうございますであります。
        うむ。やはり完全自力よりはハイクオリティですねきっと。手首とか難しいですもんね。
        
        さて、そんなわけでさりげなくブレザーです。
        いつもながらGIMP先生の大活躍です。
        一応説明すると、上の段がコミPo!直産で、下の段がGIMP上での加工。右下が完成です。
        
        
        
        ご覧の通り、すでにブレザー職人の域に達しているわけですが、
        風のウワサによると正式にコミPo!の別売りデータでブレザーが発売になったとか? え? マジですか?
        未確認情報ですが、開発費を集めるためのクラウドファンディングのお知らせが去年の年末にメールできておりまして、
        それによると「来年春に公開予定」とのことだったので、
        順調にいっているならそろそろ発売されてるんじゃないでしょうか。
        
        私にとっては今さらという感じですが、便利なモノが増えるのは喜ばしいことです。
        コミPo!なのにブレザー!という驚きのサプライズがなくなってしまったのは私としてはちょっと残念。かなり残念。このやろ〜。
        しかしそれを言い出すとどのタイミングで何を世に出すのも、誰かがタイミング悪く辛酸を舐めることになりますからね。
        辛酸というと辛くて酸っぱいというわけですから、つまりタバスコってことですよね。隠したってムダです。私にはわかる。
        と思ったのですがトムヤムクンという可能性もありますね。自信がなくなってきました。
        カラいものと酸っぱいものって合うんですよ。
        一時期カップラーメンに唐辛子と酢を大量投下して食べるのにハマっていたことがあります。
        残念ながら最近はお金がないのでカップラーメンのような高価なものを入手するには万引きせざるを得ない状況ですが、
        つまり、辛くて酸っぱいものにかけては私の右に出るものはいないわけで、そこを忘れてもらっては困るということです。
        何の話でしたっけ。
        
        そうなんですよね。カップラーメンって貧乏生活の象徴みたいに言われることがありますけど
        実際、カップラーメンって結構高いじゃないですか。しかも大してお腹ふくれない。
        普段自炊しない人が外食と比較して言っているのでしょうか?
        あと「できあいの食事」ってやつ。あれも高い。自炊する人としない人とで金銭感覚にズレがあるのかもしれません。
        あるいはこうも問えます。カップラーメンは万引きすれば事足りますが外食は食い逃げをしなければならない。
        万引きと食い逃げとどちらの方がハードルが高いのか? それを真剣に考える時期に来ていると思うのです。
        何の話でしたっけ。
        
        カラさと言えば唐辛子のカラさとわさびのカラさは質が全く違うというのが我々日本人の間の定番の日常会話ですが、
        同じようなことは「怖さ」についてもあると思うのです。
        「怖い」という言葉で言い表されるものはいろいろありますが、特に、いわゆる「怖い話」を聞いたときの「怖さ」。
        あれはその他の「怖い」ものとは別種の「何か」なような気がします。

        夜トイレにいくのが「怖く」なるあの感じ。

        あれはその他の「怖い」ものとは全く性質が違う。
        高いビルの屋上の端から地上を覗き込んだときの「怖さ」とは違う。
        切れ味の鋭い刃物を使うときの「怖さ」とは違う。
        猛スピードの自動車が間近を走り抜けたときの「怖さ」とは違う。
        大事な試験を受けるときの「怖さ」とは違う。
        カミナリ親父の「怖さ」とは違う。
        
        暗闇が「怖く」なる。
        小さい頃はいつでも暗闇に「怖さ」を感じていた。
        いつの間にか、暗闇に「怖さ」を感じなくなっていた。
        が、たまに怖い話を聞いたときなどに、その感覚がよみがえる。
        「あれ」は一体何なのか?
        
        もっともらしい説明は可能ですよね。
        暗闇から危険な猛獣が飛び出してくるかもしれないから、本能的に怖がるようになっている、とかなんとか。
        しかしそういう理屈を聞いても、いまいち心に響かない。
        そういう理屈は「他人の行動の説明」なのであって、「この私が何を見ているのか」という実感がともなわない。
        
        それで「それ」の正体に迫るべく、最近たまにネットで怖い話を検索して読んでおります。
        で、やっぱり怖いものは怖いのですが、いくつも読んでいると段々怖くなくなってきますね。
        いや、それなりに怖いことは怖いのですけど、冷静になってくるというか。
        
        お化けとか呪いとか、それ自体はあんまり怖いものではないのですよ。
        たとえば有名なコトリバコですが、たしかに怖いんですけど、何が怖いかと言うと、
        最初にお祓いをするお友達が出てきますよね。神社の息子でしたっけ。
        そのお友達がコトリバコを見て怖がる様子が怖い。
        急に大声を出したり、泣き出したり、実家に電話してアドバイスを受けて妙な儀式をしたりするところ。
        まだ読者を含めてその人意外はコトリバコのことを全然知らない状況で、彼だけが「何かを知ってる」ふうに大慌てする。
        そこが怖い。
        コトリバコの設定自体は、妖怪アニメの設定みたいなもので、それだけ見てもあんまり怖くない。
        彼の「おびえ芸」が話の冒頭にあるおかげで、その後の話が盛り上がる。
        
        つまり読んでいる立場の「主観で実際に怖がっているものは何か」と言うと、
        「何だかよくわからないもの」なわけです。
        神社の彼がものすごく怖がっている様子を見て、「何だかわからないけど怖いものだ」というのが伝わってくる。
        その「何だかよくわからないもの」を追跡するという形で、その後の(単独で見ればアニメの設定みたいな)話に「怖味」がつく。
        
        同じようなパターンは大体他のものにも共通しています。
        普段は霊のこととか全然話さないような身近な人たちが、ふとした出来事をきっかけに顔色を変えて騒ぎ出し、
        主人公だけは事情がよくわからないまま、「とにかく何か大変なことになったようだ」という中に放り込まれ、振り回される。
        そこが怖い。
        
        話によっては、事件が一段落した後も主人公にとっては明らかに何か違和感が残っているのに、
        周囲の人たちとは話が噛み合わない、という状況で終わることもあります。
        そこが怖い。
        
        あとは呪い的なものにしても、実際に主人公が自分の身で何かを体験した、という話は意外と少ない気がします。
        誰かが不自然な形で不運に見舞われたらしい、という情報が伝わってくる。
        そこが怖い。
        
        つまり「何だかよくわからないけど大変だぞいう感じ」が、その種類の「怖さ」ということでしょうか。
        では翻って、夜中にトイレに行くときに一体何がどう怖いのか?
        ダメですね。説明してしまうと嘘っぽい。
        
        それにしてもあの感覚は一体何なのか? 「あれ」は一体何なのか?
        何か人間存在にとって重大なものであるような気がしてなりません。
        一度夜中に電気をつけずに人里離れた山奥にでも一人で行ってみる必要があるかなと思っているのですが、まだ実行できずにいます。
        実行できずにいる、ということは、実は何かを恐れているのかなという気はします。
        ていうかもう「夜中に電気をつけずに人里離れた山奥に一人で」という言葉を入力してる時点で怖い。カタカタ。キー入力音。
        しかし最近は職務質問が鬱陶しいのであんまり夜の外出はしたくないですね。
        ほら、こんな人里離れた山奥でも制服姿のおまわりさんがどこからともなく現れる。まったくもう。
        ……ってなんでこんな人里離れた山奥におまわりさんがぁぁぁぁぁ!!!ひでぶ!!!!
        そうですね。あるはずのないものがあるはずのない場所にさりげなくある(いる)。そこが怖い。
        
        さて一体「何」が怖いのでしょう?
        その「何」を言葉で説明してしまうと嘘になってしまう気がします。
        どんなに巧妙な嘘を編んでも、そんなものを易々とすり抜けて「それ」は「私」を「怖」がらせる。
        ああ怖い。怖いよ怖いよ怖いよ。まんじゅうは怖くありませんがお金が怖い。なのでお金ください。
        ロマンチックもください。ギャルのパンティください。
        
        何の話をしていたのでしたっけ?
        よくわからなくなってきました。はっ、よくわからないものこそが怖いのでしたっけ? ギャー怖い!
        
        よくわからないといえば、コミPo!でブレザーが発売されたというのも未確認情報なのでした。
        発売されたんだったらコミPo!本体を起動したときに毎回表示される更新情報に表示されそうなものですが、
        今のところそういう形では情報を見ておりません。運営からのメールもクラウドファンディングのお知らせ以来何もありません。
        ていうか名のある企業のはずなのにクラウドファンディングってどうなんでしょう。資金繰りに困ってるのかな?
        私は貧乏なのでお金はこれ以上払えそうにありませんが、会社として存続はして欲しい。
        まさかもうなくなってるなんてことはないですよね? 
        最近、本体のアップデートに失敗し続けているのは私がLinuxで動かしているからなのであって会社が消えているわけではないはず?
        真実はどうなっているのでしょう? 怖いですね。怖すぎて公式サイトを見ることができずにおります。ガタガタ。
        うむ。話題が元の地点に一応戻りましたね。めでたし。
        
        さて、よくわからないことだらけのこの世ですが、
        1つ確実にわかっていることがあります。
        それは何かというと、私があなたの幸せを願っているということです。まさに福音。めでたし。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        



        

◆ 2018/04/08
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば砂まみれ。
        
        
        
        砂まみれです。砂まみれですよね? はーい、砂まみれでーす。うむ。今日も催眠術が冴え渡る。
        
        さて、どうすれば砂にまみれていることになるのかを解明すべくネットで画像を検索してみたのですが、
        たとえば「たんこぶ」「汗」「怒り」級の「砂まみれ記号」のような一撃必殺の技は流通していないようなので
        ここはやっぱり冴え渡るGIMPスキルの出番だぜ。うずうず。
        
        1:ブラシの形状をなんかモサモサなのにして、2:サイズを大きめにして、
        
        
        
        適当に茶黄色でグリグリしたら砂まみれ! GIMPスキルが唸りを上げるよ。ぶおんぶおん。
        縁取りからハミ出てますが実際の画面では背景も砂っぽいから目立たないぜ。世界が私に味方している。
                
        
        
        はい。砂まみれですよね? はーい。砂まみれでーす。
        催眠術とGIMPスキルがあれば鬼に金棒です。誰が鬼だ。
        膝小僧を重点的に砂まみれにしてみましたが、実際の画面では表示されないのはいつものこと。
        ちなみに体操服というわけで、体型を手作業で調整しているのもいつものこと。
        私があなたを愛しているのもいつものこと。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        

◆ 2018/04/07
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば制服。うむ。普通ですね。
        
        
        
        というわけで再び学園に舞い戻ってまいりました。
        前回のお姉さんでサブどころがほぼ完了したのでメインどころに着手しつつあるところですよ。
        ほぼ完了って何でしょうね。思わず乱用したくなる依存性の高い便利な言葉です。
        とりえあえず「ほぼ」とつけておけば何でも言いたい放題。ほぼ好きです! ほぼ付き合ってください!
        というわけでほぼメインどころにほぼ着手しつつあるところですよ。
        だからほぼって何なんですか。おまえはほぼ死んでいる。ほぼひでぶ。
        
        さて、ほぼメインということなので前回のお姉さんに劣らず服装パターンが多くなりますが、
        ほぼ学園内ということで、ほぼコミPo!の守備範囲内に収まります。
        もちろん服装で体型が変化するというコミPo!マジックの影響も余すところなく受けるわけですが、
        そこはもう手慣れたものです。経験値を重ねたGIMPスキルでお茶の子さいさいの予定でほぼヒャッハーです。
        前回のお姉さんのように自力でほぼ手描き、のようなことはほぼない見込み。楽勝ですね。
        と思ったら「ファーストフード店のバイトの制服」ってのがあった。おのれ〜。あ、違った。ほぼおのれ〜。
        あれですね、直接的な言い方を避けて印象を柔らかくするのですね。時下ほぼ益々ほぼご清祥のこととほぼお慶び申し上げるヨ〜。
        単にお慶びを申し上げたいだけなのに一苦労です。ヒャッハーの一言で済むはずなのに。拝啓ヒャッハー。
        誰もが心の中にヒャッハーを抱えつつ、表現することが許されない。そんな世の中。
        
        さて、そんな世相だからこそ敢えて包み隠さず申し上げたい。
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        
        

◆ 2018/04/02
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば……。
        もう何だかよくわかりません。
        
        
        
        さて今回もコミPo!にはあんまり頼れない孤独なバトルでしたが、
        見た目は派手でも仕組みはわりとシンプルです。
        全身タイツ的な何かをベースに、それっぽいパーツを適当に描き加えていく。
        
        
        
        タイツ上の陰影の描き方がムズカシイですね。実にムズカシイですね。
        特に股間の周辺には気合が集中するというもの。が、実際の画面ではテキスト欄に隠れてしまうのでした。テキスト欄め〜。
        実際の画面では云々と言えば、いつもは靴を手抜きするのですが、タイツのままではあんまりなので適当に描いてみたよ。
        当ゲームの画像フォルダの中を探さずにはいられない熱心なファンになる予定のあなたのための出血サービスです。どばー。
        マントは四天王コスチュームの使い回しです。言わなければ誰も気付かないと思うので言ってあげました。血が出るほど親切。
        裾はもうちょっと長い方がよかったかな? もうどうでもいいや。どうでもいいのかよ。
        ちょっとフラフラしてきました。血を出しすぎたようです。鉄を食べよう。ガリガリ。
        
        さて、これでようやく、この人の全服装が完了です。
        ソックリなのもありますが微妙に違うんですよ。探してみよう!
        
        
        
        いやぁ死ぬかと思いました。死んでないことが心残りでなりません。
        髪型の時点でコミPo!の守備範囲をハミ出るということは早い段階でわかっていたので、覚悟はしていましたが、
        結果的に大体いい感じになったので喜ばしい限りです。
        思わず忘れそうになりますが、私は絵が描けない人だったのでした。不可能を可能にしてしまったぜ。イヒヒのヒ。
        というわけで全宇宙のあなたの目の前にカレーライス(旨辛)出ろ! カレー好きじゃない人のところにも好きな食べ物出ろ!
        
        
        今日もあなたが幸せでありますように〜。
        
        
        
        
        

◆ 2018/03/28
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば辻占い師。
        
        
        
        今回も前回に引き続き、わりと思い通りにできたのでびっくりしております。びくびく。
        もしかするとこの世は私の思い通りになるのかもしれません。
        あなたの目の前にカレーライス(中辛)出ろ!
        
        前回の仮面の四天王さんはかろうじてコミPo!に素材になるコスチュームが入ってましたが、
        今回はいよいよ孤独な戦いです。絵が描けない私に一体どうしろというのでしょう。
        別売りでRPGシリーズというのがあるらしいので、もしかするとそこにイメージが近いものがあるのかもしれません。
        しかし偽札作りが成功しないので入手は諦めるしかありません。わかってたクセに。イジワル!
        偽札作りがムズカシイと知った上でイジワルをなさっておいでなのですよね? 隠したって私にはわかります。イジワル!
        
        そんなわけでネットでなんかこう魔法使いっぽいコスチュームの画像を検索して一生懸命マネしたよ。
        
        
        
        左が純コミPo!産の状態。前回同様エクステをつけて中の人完成。で、魔法の力で右端の姿に変身。
        もはや顔以外ほぼ手描きです。絵が描けない私に対する虐待と言っても過言ではありません。死ぬかと思ったぜ。コノヤロ〜。
        エリの周辺とフードの接続がどうなってるのかよくわかりませんが、もうどうでもいいや。どうでもいいのかよ。
        
        死ぬかと思いましたが、もしかしたらもう死んでるのかもしれず、それならそれでラッキーというもの。
        思いのほかいい具合になったので、これもまたラッキーというもの。
        このラッキーをあなたにもおすそ分けせねばなりませんね。あなたの目の前にシュールストレミング出ろ!
        
        それにしても先日の着流しに比べると、手描きでありながら、わりとマシな感じに仕上がった気がいたします。
        どうやらこの私のGIMPスキルが上達している様子。さすが私。私は私に惚れずにいられません。
        
        デザイン的なことで言うと、オカルト業界の関係者らしくフードのおでこに第3の目をつけてみました。
        松果体直通のこの目でアーカーシャの記録庫を覗き見るわよ、おほほのほ。
        と、カッコつけてみましたが、正面から見るとナマズの着ぐるみみたいですね。得意分野は地震の予知です。
        
        
        さて、あともう少しこの勇ましい髪型のお姉さんの服装が残っております。
        ムチャぶり地帯は越えたのでさしあたり一安心です。
        
        今日もあなたの目の前にシュールストレミングがありますように。
        おっと。
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        

◆ 2018/03/25
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば四天王。
        四天王と言えば勇ましい髪型の仮面お姉さん。
        
        
        
        思い通りにうまくできたのでびっくりしております。
        なにしろ人生は思い通りにいかないのがデフォルトですからね。
        思い通りにいくだなんて、驚き桃の木さんしょの木と言わざるを得ません。
        誰もが口に出して言いたがる日本語を口に出すチャンス到来だぜ。羨むがいい。
        
        しかし大変でした。
        勇ましい髪型の仮面お姉さんをどうやって画面上にお呼びしようかというのは
        メカゴーグル以上に立ち絵作業の懸念事項でした。
        大変すぎて死ぬかと思いました。
        もしかするともう死んでいるのかもしれません。おお、なんとそんな可能性が。希望の光だぜ。
        私はすでに死んでいる。どこかで聞いたようなセリフですね。ひでぶ。
        
        何が大変かと言えば、もちろんコミPo!にこういうコスチュームは入ってなくて……
        と見せかけて、なんとビジネススーツシリーズの中に「SF」と称して近いのが入っていた!
        ↓
        
        
        さすがコミPo!先生。現代の救世主。
        そろそろ降臨する予定の弥勒仏というのはもしかするとコミPo!のことだったのかもしれません。
        ビジネススーツの一種というのがオシャレですね。これを着て面接にいけば採用まちがいなし。
        ならば使わせていただくしかありません。
        
        とは言え、やはりいつものように体型が変化してしまう少し不思議なSFスーツなので、
        結局白制服をベースにして模様をコピペする手順でございます。

        
        勇ましい髪型はエクステを加筆。
        こういう3D的につじつまが合わない髪型はコミPo!の守備範囲じゃないのかもしれません。
        昔のセル画アニメだと、ありえない髪型がむしろデフォルトでしたが、
        最近のCGアニメだとどうなんでしょうね? テレビ見なくなってしまったのでわかりません。
        
        仮面と肩のモサモサとマントも手描きです。
        何度も言いますが私は絵が描けない人という設定なのですけど、この際仕方がありません。
        どうせ手を加えるなら胴体前面の肉まんも増量サービスさせていただくしかございません。あらヤダそんな言い方。おほほのほ。
        靴はブーツかな〜、と思うところではありますが、例によって実際の画面では表示されないので手抜きだぜ。おほほのほ。
        
        肩のモサモサは軍服なのか何なのかよくわかりません。
        マントもどうやって服に装着されてるのかよくわかりませんが、もうどうでもいいや。どうでもいいのかよ。
        服飾関係に詳しい人が見たらツッコミたい部分がいろいろあるかもしれません。頑張ってください。

        ちなみに一番苦労したのがマントです。
        アニメの中ではみなさんさりげなくマントを着こなしてらっしゃいますが、
        よくよく考えてみると存在意義がよくわからない衣服です。
        いやいや、それを言い出したらヌーディストビーチに行くしかないではありませんか。
        エデンからの旅立ち以来、我々は服を着るという生き方を選んだのです。ならばその業を背負って生きていくのみ。
        というわけで、よくわからないながらもエイヤっと描き込んだよ。よくわかんないのかよ、知恵の実食べたのに。おほほのほ。
        
        服は元の色のままでよかったかな? いやいや、元の色だとちょっと正義っぽいから塗って正解なんじゃないでしょうか。
        正義っぽいからダメだなんて、さてはアナタ悪者ですね? あらヤダ。どうしてわかっちゃったのカシラ? おほほのほ。
        さて、そんなわけでなかなかどうしてワルつよエラそうな感じになりましたね。
        何か命令されたい。肉まん買って来いとか言われたい。
        そして肉まんならそこに2つ、と言って殴られたい。あらヤダ下ネタ。おほほのほ。
        最近は下ネタと言わずにセクハラと言うのかな?
        ちなみに昔のアニメを観るとセクハラシーンが大量にありますよね。ドラゴンボールの亀仙人とか。今だったら放送できないだろうなぁ。
        第一話から放尿プレイなんですよね。ロマンチックもらいました。あれが水曜の夜7時とか。時代の差を感じます。
        
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        

◆ 2018/03/12
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えばウェアラブルコンピューターその2。
        
        
        
        前回同様コミPo!にはこういうのが入ってないので死のうかと思ったのですが、
        前回同様手元のアニメからイメージの近いものを探してマネしたら
        前回同様びっくりするほどうまくいって、前回同様心臓が止まるかと思ったのに前回同様止まってくれなくて前回同様意気消沈です。
        なかなかどうして死ぬことができません。
        今ならきっとビルの屋上から飛び降りても死なないに違いありません。死が私を避けて通るぜヒャッハー。
        
        ちょっとデザイン変えすぎたかな?
        前回のが1.9ということで、今回が2.0ということなので、
        デザインに変化があるにしても微差な方が自然なのではないでしょうか?
        そんなこと言っても手元のアニメの中から微差なのが見つからなかったんですもの。
        これが運命というものです。まさに南無阿弥陀仏。仏のはからいに乞うご期待だぜ。アーメン。
        
        そういえば久しぶりに南無阿弥陀仏って言った気がします。
        仏を顧みない生活でありました。パーソナル末法。いわゆるパソまぽ。言いにくいわ。
        しかし、たとえ私が忘れようとも仏は私を忘れない。それが仏の真髄ってヤツです。
        まさに太っ腹。その太さに応えて2文字分使ってイムとか書きたくなるのも無理なしってもんです。
        そして、たとえあなたが私を忘れたとしても私はあなたを忘れない。
        今日もあなたが幸せでありますように。イム阿弥陀仏。と、一度は言ってみたくなるのも無理なしってもんです。
        
        ああ、なんかまとまってしまった感じ。
        まとまってるかどうかはさておき、もうちょっと他に言いたいことがあった気がするですよ。
        なんでしたっけ?
        
        えっとね、この2.0、あと2キャラ分ほど、装着したバージョンの立ち絵を用意する予定ですよ。
        そしたらいよいよメイン方面のキャラの立ち絵に取りかかれますよ。メイン方面てなんだ方面て。電車か。プアーン(汽笛の音)。
        
        
        
        
        

◆ 2018/03/02
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば職務質問。
        
        
        
        いやぁ、もう本当、どうしようかなと思ってたのですよ、
        おまわりさんの画像。
        
        あわよくばコミPo!に入ってないかなと少しだけ期待してましたが入ってなくて
        仕方がないのでいつものように似た服装をもとに作り込もうかとも思いましたが
        これ1枚のためだけに苦労するのはイヤなので、いっそ立ち絵なしにしようか、それとも死のうか迷ったのですが、
        どうせ夜で懐中電灯で逆光だから、というわけでシルエットにしました。
        ナイスなアイディアですね。はい。私は天才なのでした。
        シルエットならコミPo!でそれらしいポーズを作成した上でGIMPでちょちょいのちょいです。
        顔が見えないというのも職務質問らしいイヤラシイ恐怖感があって素敵でしょう? さぁ今夜も感動しよう。
        唯一心残りなのは死ぬのが延期になってしまったことです。
        ナイスなアイディアを生んでしまう天才ぶりを憎むしかありません。コノヤロ〜。
        
        さて、そういうわけで今はこの画像のように、ほとんど表情のバリエーションがなくてキャラごとに1枚だけ、
        というようなところを勢いよく埋めているところです。
        もちろん勢いよく埋めているというのは120割ほど嘘です。
        天才な上に嘘をつくことまで覚えてしまったなんて、一体どこまで突き進んでしまうのでしょう?
        まさに今後が楽しみと言わざるを得ません。
        
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        あ、これはもちろん嘘ではないですよ。
        
        
        
        
◆ 2018/02/26
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば入院幼女。
        
        
        
        単独で見るとこんな感じですが、果たして本当に幼女なのでしょうか?
        他のキャラと並べてみようではありませんか。
        
        
        
        こうして見ると幼女であるということがよくわかりますね。わかりますよね? わかりましょう。
        ちなみにコミPo!には子供キャラ用の別売り追加データがあるようなのですが、お金がないので諦めました。
        偽札作りに成功すれば買うことができるのですが、成功しないので仕方がありません。

        というわけで、全体のサイズを小さくしつつ、頭の比率を大きめにすることで幼女っぽさを演出しました。
        幼女ったら幼女です。あとはいつものように催眠術で切り抜けるぜ。

        
        
        パジャマはいつものように白制服を元に作成。
        これまたパジャマったらパジャマなんですよ? いつも催眠術にご協力ありがとうございます。
        
        
        
        
        さてさて、ここで披露している以外にも作業は進んでおります。
        前回お伝えした「あと6名ほど」というのがあと3名ほどになりましたよ。まさにヒャッハーです。
        諸事情により今にも死にそうですが、それでも生きているのはなぜかと言えば、
        ひとえにあなたがたを愛するがゆえですよ。
        一日も早くあなたのもとに完成品を届けたい。
        
        世の乱れは刻一刻と進んでおります。
        人類が滅ぶのが先か、これが完成するのが先か?
        
        どうか、あなたが幸せでありますように。
        
        
        
        

◆ 2018/02/18
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば夜の女王。
        
        
        
        今回は白のスーツ?を元に作成。
        白制服と言い、こういう加工しやすい素材を入れてくれているのはコミPo!の粋な計らいというやつでしょうか。
        スカートの横のスリットだけチャイナドレスだかなんだかよくわからない感じですがもうどうでもいいや。どうでもいいのかよ。
        服飾関係に詳しい人が見たらツッコみたい点がいろいろあるかもしれませんが
        女王様に向かって言えるものなら言ってごらんなさいだぜヒャッハー。
        
        

        色をつける前の白いバージョンのが清楚な雰囲気で素敵かも。
        しかし清楚な雰囲気では夜の世界で生き延びることはできないので紫に染まって踊り狂うぜヒャッハー。
        靴は例によって実際の画面ではどうせ表示されないので未加工。ハイヒール的なものに換装する元気はありませんでした。
        
        髪型もすでにバリエーションが限界なのでいろいろガンバリましたよ。
        カリスマ美容師GIMP先生が大活躍。

        
        
        長髪をベースに、真ん中分けの前髪をくっつけて、左右に垂らす。
        そして化粧を濃くすれば女王様の降臨ってなもんです。口紅の効果はバツグンだ。
        
        
        さて、そんなわけで作業自体は着実に進んでおります。
        セリフがあってそこそこ重要なサブキャラは残りあと6名ほど。
        「ほど」って何だ「ほど」って。
        ともかく突っ走るのみ。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        


◆ 2018/02/15
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えばコンビニ。
        というかすでに学園ではな以下略ぅ!
        
        
        
        背景の「とんかつ」と書かれたおにぎりが気になって仕方がありません。
        おにぎりと見せかけて実はとんかつなのでしょうか? 三角形だからといって惑わされてはいけない。
        素材は背景写真補完の会でお借りしております。
        いつもありがとうございます。
        
        さて、コミPo!にコンビニ店員のユニフォームは入っていないわけですが、
        今回もまた白制服が大活躍ですよ。これさえあればどこまでだって突っ走れる。
        ちょちょいのちょいと模様を書き込めば、ジャジャーン、お弁当温めますか? 私のハートを温めてください。チーン。
        ズボンは私服から拝借。
        
        
        
        正直、デザインに関してはもうちょっとどうにかなったんじゃないかなと思わないでもないですが、
        この私にデザインセンスを求めてはいけません。
        背景がコンビニで、変な柄のシャツを着てれば誰が見たって店員さんだぜ。
        さぁ私のハートを温めやがれってんだコンチクショウメ。変な柄とは失礼な。
        
        ちなみに髪型は、これまたすでに別のキャラで使用済なので、得意のGIMPで後ろ髪をアレンジしております。
        しかし結局先日の体験発掘のお姉さんにソックリですね。

        
        
        髪の色ぐらい変えればよかったかな?
        登場ルートが違うから多分バレないでしょう。ドキドキ。
        ドキドキと言えば土器。この胸のドキドキをあなたに発掘して欲しいの。
        と、先日は言いそびれたのでこの場を借りて申し上げる次第だぜヒャッハー。
        
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        

◆ 2018/02/12
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば病院。
        病院と言えば看護師さん。
        というかもうすでに学園じゃなくなってるんですけど、と、あなたに突っ込んで欲しくてウズウズしているの。
        
        
        
        ちなみに背景の泌尿器科というのが気になって仕方がありません。
        素材はmao space様でお借りしております。
        いつもありがとうございます。
        
        さて、コミPo!に看護師コスチュームは入っていないわけですが、白の制服を加工してそれっぽくします。
        線を足したり引いたりすると、アラ不思議、看護師さんではありませんか。そんなところにいらしたなんて。
        胸のポケットに何を入れているのかはよくわかりません。ネットで画像を検索すると大抵何か差しているので描いてみました。
        ズボンはジャージから拝借。色を抜くのが地味に大変だったぜ。
        しかし実際の画面ではほとんど表示されないのでした。コンチクショウ。
        
        
        
        ところで左から2番目のズボン履く前のお姿はちょっと刺激が強いですね。看護師さん、鼻血が止まりません!
        並べてみると制服のスカートと裾の長さは同じなのに、一体なぜなのでしょう? この世は不思議なことばかり。
        
        
        ナース帽もあった方がマンガ的な記号としてはそれっぽいかなと思ったのですが、
        ネットの噂によると実際の現場では着用しないことが多いらしいので省略しました。手間が省けて超ラッキーだぜ。

        しかし今ちょっと試しにテキトーに描き加えてみたんですが、たったこれだけで「それっぽく」なりますね。
        記号の威力って恐ろしい。
        ↓
        
        
        
        さて、そんなわけで作業はすでに学園を飛び出してグングン進んでおりますよー。
        この世は不穏さを増す一方です。
        なんとしても人類が滅びる前に完成させなければなりません。
        
        しかし疲れたなぁ。早く死にたくて仕方がありません。せめて寝たい。最低でも3億年は寝たい。
        とは言うものの一晩寝ている間に地球が滅んでそうな気がして、気が気ではありません。
        まさに板ばさみ。ムニュ。
        
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        


◆ 2018/02/11
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば借金取り。
        
        
        
        右側のお友達のお顔はほとんど手書きです。あんまり表情を変えない子なので助かってます。
        左側のお友達のお顔もわりと手書き度高めです。
        特にお鼻ですね。二次元の世界ではお鼻をリアルに描くと人相が悪くなりがちなようなので、そのようにしてみました。

        
        
        
        ちなみに冒頭のSS、部屋の中まで入られちゃってるふうに見えてしまいませんかね?
        実際は「チェーンかけたドアの隙間から外を覗いてお話している」場面なのですけど、どうしようかな。
        何かうまい手はないものか。死のうかな。おっ、ナイスアイディアですね。今日も今日とて絶好調。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        

◆ 2018/02/10
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば遺跡の体験発掘会。
        遺跡の体験発掘会と言えばインストラクターのお姉さん。
        
        
        
        こうして見るとどうってことない感じですよね。
        うむ。どうってことないというのはよいことです。平和ラブ。
        しかし平和の影には血みどろの闘争の歴史があったのですよ奥さん。血みどろでもないですけど。
        
        
        
        左が元の髪型ですが、同じ髪型のキャラがすでにいらっしゃるので少々手を加えました。
        しかしおかげで「年上っぽい感じ」になったような気がします。
        雨降って地固まるとはまさにこのこと。あ、雨じゃなくて血みどろなのでしたっけ? ガビガビになりそうですね。
        今後ともなんとかデザインがかぶらずに作業を進めていけますようよろしくお願い申し上げます。
        
        そしてこの「作業服シリーズ」も体型が変化する魔法のお洋服なので、GIMPで地道に加工しております。
        ついでに気休め程度ですが縦方向に縮尺を伸ばして大人っぽさを演出。
        どうせなら口紅も引こうかとも思いましたが文章の中で「化粧っ気がない」とあるので断念しました。文章め!
        
        
        
        ↑
        いつも文字がマウス書きですが、GIMPで文字を入力するやり方を知らないわけじゃないのですよ? というわけで活字です。
        それはさておき、コミPo!からの出力直後のものは、上半身が一回り小さいのでした。
        使い始めの頃は、まさか服装によって体型が変化するなんて思いもよらないサプライズでしたが、
        今となっては、もはやお馴染みです。
        もしかして、普通にマンガとして使う分にはこの方が都合がよかったりするのでしょうか?
        この件について他の人が言及しているのを見たことがありません。
        まさかLinuxで動かしてるから、なんてことはないですよね? ドキドキ。
        おっと、ドキドキで思い出しましたが、遺跡の体験発掘なのでしたね。
        まさかこんな形でつながるなんて、計り知れぬ因果の導きを感じずにはいられません。
        私は親切なので念のために注釈しておくと、ドキドキで土器で発掘、ってことなのですよ? 感動せずにはいられない。
        
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        

◆ 2018/02/04
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば用心棒。
        用心棒と言えば着流し。
        
        
        
        コミPo!に着流しなどという気の利いたものは入ってなくて、
        何か似たような形状の服を改造して乗り切ろうと思ったのですが、それも見当たらなくて、
        試しに自分で適当に描いてみたら本当に適当に描いた感じになりました。もはや笑うしかない。あっはっは。
        
        いや、でも大体こんなもんじゃないですか? 大体。絵として何が言いたいかはわかりますよね?
        あとは言い張ったもん勝ち。着流しです。着流しったら着流しです。
        
        自分で適当に描いたとは言いつつ、ネットで着流しの画像やイラストを検索してマネしながら描いたのですが、
        目の前にほとんど同じ構図の絵があってマネしてるのに、どうしても「うまい感じ」になってくれません。
        絵が描ける人って本当にすごいですね。
        
        しかし曲がりなりにもこうして絵を埋めることができて本当によかった。
        これで夏祭りの浴衣も何とかなりそうな気がしてきました。うむ。ここは調子に乗っておくべきところです。
        
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        

◆ 2018/01/28
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えばアンニュイな保健の先生
        
            
        
        白衣を着て保健室にいるから見紛うことなき保健の先生なのです。
        社会的文脈の威力を思い知るがいい。
        
        ちなみに、この髪型は男性キャラ用のものから拝借しております。
        
            
        
        一般の女子生徒と同じ髪型ではアンニュイな保健の先生としての沽券にかかわりますからね。
        このように差をつけることで誰がボスであるかを見せつけるというわけです。
        胸元にも注目だ。谷間こそボスの証。制服では封印されている禁断の技が今ここに炸裂するぜ。
        
        というか、そろそろデザインがかぶるようになってきておりますよ。
        コミPo!学園では制服のみならず髪型や顔つきまで校則で規程されているというのでしょうか。
        まさに新世紀ディストピア学園。もはや校庭に「9」の形に椅子を並べるしかない。
        
        かと言って、髪を一本単位で生やす段階からシミュレートするようなガチガチな3Dモデリングツールというのも手に余りますが、
        もうちょっと選択肢があって欲しいなぁ。
        「以前どこかでお会いしましたよね?」がデフォルトだぜ。そんな社会。そんな文脈。
        
        白衣は以前こしらえたものを使い回しています。
        
            
        
        よく見るといろいろズレてますが、よく見るのは禁止ですから問題ありません。
        と言いつつ、男性用と女性用ということで、ボタンのついている側の左右を逆にしています。さりげなく感動せよ。
        靴はスリッパの方がよかったかな? でも実際の画面では表示されないので見なかったことにするぜ。
        
        さて、このようにデザインがかぶり始めてきた一方、作業を進めてきたおかげで、使い回せるパーツも増えてきておりますよ。
        手抜きできるところは可能な限り手抜きしながら邁進していく所存であります。
        
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        

◆ 2018/01/22
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば不良3人組。
        
            
        
        不良と言いつつ制服をキチンと着ていてネクタイまで締めているというのがコミPo!学園の校風。
        頑張って着崩れさせようかと思いましたが、元気がないので諦めました。
        地域のみなさまに愛されるコミPo!学園を今後ともよろしくお願いいたします。
        
        さて、そんな校風なので、普通にやるとあんまり悪そうな感じになってくれません。
        
            
        
        むしろ下手をすると爽やかな雰囲気さえ漂ってしまう。これでは不良の名折れというもの。

        そこで顔芸です。
        
            

        表情1つで、人はこんなにも悪そうになってしまうものなのですね。
        今日は何か人として大事なことを学ばせていただいた気がします。ありがとうございます。

        
        ちなみにロン毛は女性キャラの髪型からパーツを採取してGIMPでエクステをつけてます。
        おかげで横を向くことができません。もはや真ん中に立つしかない。

            

        
        ところで少し思ったのですが、不良って死語ですか?
        しかし代わりに何と言えばいいのでしょう? 最近はむしろDQNとでも言うのでしょうか?
        いやいや、DQNと不良は守備範囲が違う気がしますよ。
        某くにおくんは不良ですがDQNではないハズ。熱血DQNくにおくん。全然ちがうゲームになりそうですね。
        しかるに上記のお三方はどちらでお呼びするのが適切なのでしょう?
        どちらかといえばアルファベット3文字の方なような気がしてきました。
        ああ、ドッジボールをするには我々は歳を取りすぎてしまったようです。
        
        
        さて、まだまだ作業は残っておりますが、そろそろ学園系のキャラが片付きつつあります。
        めでたいことです。
        が、その先はコミPo!の性質上、服装で苦労することになるかもしれない。
        道なき道が待っている。うむ。望むところ。鼻血が出るほど楽しみだぜ。
        「風俗店店員」とかどうしよっかな。指示の意味がわからない。
        いっそ立ち絵なしとしてはいかがか。苦渋の決断。にがしぶの決断。
        その先にあるのは何も表示しない涅槃アプリだぜ。照見立ち絵皆空。立ち絵即空。空即立ち絵。
        
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        
        

◆ 2018/01/15
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えばウェアラブルデバイス。
        
            
        
        コミPo!にこういうメカっぽいゴーグルが入ってなかったので死のうかと思ったのですが、
        手元のアニメの中からイメージの近い絵を探してマネしてみたところ、
        意外とうまく作れたのでびっくりして心臓が止まるかと思いました。残念ながら今のところ止まってません。
        ガッカリしてタメ息が出すぎて窒息するかと思ったのですが、残念ながら今のところ窒息してません。
        なかなか思い通りにはいきませんがチャンスはもりだくさん。まさにヒャッハーです。
        
        これなら前回の仮面も、もう少しうまく描けそうな気がしてくるというもの。
        が、こだわるとキリがないので振り返らずに突っ走ることとします。
        

        斜め向きアングル。

            
        
        アングルごとに別々に描いていたら命がいくつあっても足りないので、
        正面向きのだけ作っておいて、GIMPの遠近法ツールで誤魔化します。
        ドットがつぶれた部分は地道に修正を……と見せかけて、特にいじらなくても結構キレイになってくれます。素晴らしい。
        あとはいつものように、ジロジロ見てはイケませんと言い聞かせておけば完璧です。
        
            
        
        
        メカゴーグルはグラフィック作業の中の大きな懸念事項の1つでした。
        そこそこうまくできて何よりです。これというのも私のおかげ。私は私にいくら感謝してもしきれません。
        
        さぁ、この先もまだまだ楽しいムチャぶりが目白押し。
        死なない程度に張り切って突き進んで参りますよ。ん? 死なない程度でいいの? 慎み深いですね。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        
◆ 2018/01/10
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノと言えば仮面の三人組。
        
            
        
        もうちょっとうまく描けないかなーとは思うところですが、
        こんなところで立ち止まっている暇はないので突っ走ります。
        代わりに濡らしてみました。
        
            
        
        真ん中の人、濡れてます。濡れてるったら濡れてます。言い張るのがコツ。
        
        どうすれば濡れてるように見えるのか、どうしてもわからなくて、
        手元のマンガの中から濡れてることになっている絵をいろいろ探してみたのですけど、
        どうも「こうすれば濡れてることになる」というような定番の記号的なものが見つからない。
        どちらかと言えば、場面の文脈上、「濡れている」という了解が成立する、というものであるような気がしました。
        つまり催眠術です。
        というわけで真ん中の人、濡れてます。言い張るのが奥義。
        一応、髪を水分含んだふうに頭部に寄せて、色を濃い目に加工してあります。ザバー。
        
        設定ファイルを見ると、他にもムチャぶりがたくさんあって、この先も楽しみです。
        
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        
        

◆ 2018/01/08
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        ポニーテールです。
        
            
        
        だから何だという感じですが、
        テールの位置を普通に中央にすると立ち絵にしたときにテールが背中側に隠れて、ショートカットみたいになってしまう。
        正面アングルだと特に顕著ですね。
        
            
        
        そんなわけで、コミPo!内のデータ的には少し横にズラしています。
        真上から見るとこういう感じ。
        
            
        
        これで前から表示すると2Dのマンガ表現的にはちょうどよい感じに。
        物理的には針金でも入ってるのかって感じですが、2D世界ではこの程度は日常茶飯事。
        根元が浮いてるのはGIMPで修正。
        ↓↓↓
        
            
        
        ここらへんは2D表現と3Dデータのインピーダンス・ミスマッチと言ったところでしょうか。何だインピーなダンスって?
        
        
        
            

        ちなみにこの人の場合は本当に横から生えてる設定なのですが、
        やっぱりこうして表示してみるとよくわからないですね。
        右向きになったときにかえって違和感があるかも。インピーダンスおそるべし。だから何だインピーなダンスって?
        
        
        ともかく今日もあなたがインピーでありますように。
        じゃなかった。幸せでありますように。
        ちなみにどっちがいいですか? だからインピーって何?
        
        
        
        

◆ 2018/01/07
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        学園モノといえば憑依です。
        
            
        
        
        コミPo!に憑依顔がなかったので死のうかと思いましたが、
        GIMPで加工して事なきを得ました。
            
        
        ちなみに上の画像の中の「転」の字をマウスで書くのに苦労したというのは秘密です。
        「ぬり」はどんな漢字だったか忘れたおかげで苦労しなくて済みました。忘れるって素晴らしい。
        
        今日もあなたが幸せでありますように。
        
        
        
        

◆ 2018/01/06
    したこと:
        マインドルの立ち絵作成
        
        グローブです。
        
            
        
        コミPo!にバットとボールは入ってたのですが、グローブが見当たらない。
        仕方がないので死のうと思ったのですが、幸か不幸かWikipediaにパブリックドメインの画像があったので、
        それをGIMPで加工して使わせていただきました。ありがとうございます。
        
            
        https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Baseball_glove_front_back.jpg
        
        
        できれば帽子もかぶってもらいたかったのですが諦めました。
        
        帽子自体はコミPo!に入ってるのですが、髪型に合わなくなるんですよねぇ。

            

        単純に頭のサイズに合わせて表示させると、帽子から髪がハミ出てしまう。
        やはり坊主にするべきだったか。
        っていうか、パンツかぶってる変態みたいだ。

            
        
        ハミ出た部分を試しにGIMPで削除してみる。
        うーん。
        そもそも帽子に見えない。百歩譲って工事現場かな。
        
        よし、こんなところで足踏みするのはよそう。安全二の次で突っ走るぜ。

        
        
        今日もあなたが幸せでありますように。